Dir en grey、アメリカから帰還!ツアー・レポート

9月22日夕刻、去る8月3日より渡米し、かのKorn主催による<THE FAMILY VALUES TOUR>に参戦していたDir en greyが無事帰国した。8月4日のテキサス州サンアントニオから9月20日のフロリダ州ウエストパームビーチに至るまで計31公演(うち2本はKorn単独公演にスペシャル・ゲストとして出演。また、結果的にキャンセルされた2公演は加算せず)を経たうえでの堂々の帰還である。ツアー全体を通じての正確な動員数などに関しては、現在のところ公式な数字が得られていないが、約2万人収容規模の野外アリーナを中心に展開されてきた事実を考えれば、彼らがどれだけ多くのオーディエンスの目に触れることになったかがおわかりいただけることだろう。

今回の一件が、あくまでKorn側からのラヴコールによって実現したものであること、そしてツアー参戦当初からDir en greyが他の出演者や現地関係者から強い注目を集めていたことについては、以前にもご報告した。が、ツアー全行程が終了した今、改めて強調しておきたいのは、彼らが“物珍しい奇異なバンド”として目を付けられていたわけではなく、いわゆる"next big thing(次にビッグになるもの)"になり得る存在として熱視線を独占していたという事実だろう。

ところで、多くの読者の興味は、このツアーの興行成績や各公演での演奏曲目の違いなど以上に、おそらく以下の3点に集中しているのではないかと思われる。

(1)Dir en greyは実際のところ、現地で“受けて”いたのか? 具体的にはどのような評価を得ていたのか?
(2)Dir en greyのメンバーたちは、他の出演者たちとどの程度コミュニケイトしていたのか?
(3)今回のツアーを経て、Dir en greyはどう変わろうとしているのか?

まず(1)に関してだが、あくまで事実に忠実に報告すれば、彼らの演奏中には会場全体がオーディエンスで埋め尽くされているわけではない。最終的には全10組となった出演者のうち、6番手にあたるDir en greyがステージに登場するのは午後5時前後のことだが、客席が本格的に人口過密状態になるのは、もっと日が暮れてからのことだ。が、どこの会場でも場内の随所に彼らのTシャツに身を包んだコアなファンの姿が多数見受けられたこと、彼らの演奏中に席を立ち去ろうとする観客の姿がきわめて少なかった事実はお伝えしておきたい。

また、Dir en greyのライヴ・パフォーマンスが、彼らの音楽に対して予備知識のない観客層をも確実に惹きつけたことは、物販ブースでのCD売上げが連日300枚以上を記録していたという事実にも裏付けられている。実際、この場内セールス実績には、他のどのバンドも遠く及ばない。こうしたさまざまな成果を踏まえながら、彼らの作品のアメリカでの発売元である“WARCON”の代表者は、次のように語っている。

「今回のツアーに参加し、それが実際成功したことにより、Dir en greyは“余分な説明の不要なバンド”になった。つまり、“この夏、Kornと一緒に全米をまわり強烈なインパクトを残したバンド”について、すでに業界内で広い認知が得られているということだ」

 また、ひとつ興味深いのは、彼らの演奏中、常にステージの両袖が他の出演者やスタッフたちで込み合っていたということ。ツアー序盤に、共演者の実力や素性を“確認”しようとバンドたちが集まるのは普通だろう。が、多くの共演者たちにとってDir en greyは“観るほどに興味の強まっていくバンド”だったわけである。彼らのパフォーマンスを注視する群衆のなかには、当然ながらKornやデフトーンズ、ストーン・サワーのメンバーたちの姿も“常連”として含まれていた。

10月に初来日を果たす全米でブレイク中の新鋭、フライリーフのメンバーは、「俺たちよりもキャリアのあるDir en greyが自分たちの前に演奏するというのは、正直、大きなプレッシャーでもあった。でも、彼らのタイトな演奏は俺たちにとって大きな刺激になったし、パフォーマンスの部分では影響された自覚もある」とまで言い、また、BULLETS AND OCTANEのメンバーは「Dir en greyのライヴには、これまで味わったことのないインパクトを感じた。そしてすぐに彼らは俺たちにとって“毎晩でも観たいバンド”になった」と語っている。

11月に新作発表を控えているデフトーンズのメンバーからは「英語を母国語とするわけでもないバンドが、こうして米国の強烈なバンドばかりがひしめくツアーへの参戦を決意した事実だけでも敬意を表したい気分だが、実際に彼らの音楽、ライヴは予想していた以上に素晴らしかった」との言葉も得られた。さらに付け加えておくと、ツアー大詰めの9月19日、タンパ公演終了後、楽屋でのパーティーで「Dir en greyに乾杯!」と乾杯の音頭をとったのは、デフトーンズのフロントマン、チノ・モレノだった。

こうした状況自体がそのまま(2)の疑問に対する回答にもなっている気がする。つまり、このツアー中、Dir en greyは“バックステージ・エリアを歩いているだけで、他すべてのバンドから声をかけられる”ような存在だったのである。残念ながら5人の中にネイティヴなイングリッシュ・スピーカーは存在しない。が、同時に、言葉の壁に怯えながらツアー・バスのなかに閉じこもったままでいるメンバーも皆無だったのである。もちろん彼らは、自分たちにとってのフェイヴァリット・バンドのメンバーたちと無意味な世間話を重ねていたわけではない。具体的な記述は控えておくが、いくつかのバンドから「次は一緒にツアーしよう」「Dir en greyの日本ツアーで前座をやらせてくれ」といった申し出があったことも付け加えておきたい。

そして(3)の疑問。これに関しては、これから先、皆さんの目と耳で確かめていただくしかない。実際、5人もまた現在、今回の経験を通じて得た刺激や手応えといったものを確認し、新しいアイディアへと変換しながら創作活動に没頭しているはずだ。11月15日にはニュー・シングル「Agitated Screams of Maggots」の発売と新規国内ツアー開始、さらにその前には<LOUD PARK 06>への出演も控えている彼ら。これまでのどんな瞬間とも違うDir en greyが、そこで同時に“揺るぎない強さ”を誇示してくれるはずである。

文●増田勇一 9月28日   BARKSより
**************************
还是那几句老话,不想翻了..反正大家都知道说些什么了吧..><汗..
应该有人已经翻过了吧,增田大哥真的很能写,语法修辞可以进日语教材了!!
[PR]

by hanabuk | 2006-09-30 16:31 | 通訳サービス

请带着国旗一起去战斗..

f0027215_23281027.jpg握手会
8.04 Kaoru&Shinya
8.05 Die&Toshiya
8.06 Die&Shinya
8.08 Kaoru&Toshiya
8.09 Kaoru&Die
8.15 Kaoru&Toshiya
8.16 Kaoru&Die
8.18 Toshiya&Shinya
8.19 Kaoru&Shinya
8.20 Die&Shinya
8.24 Kaoru&Toshiya
8.25 Die&Shinya
8.26 京
8.29 Kaoru&Die
9.01 Kaoru&Shinya
9.02 Die&Toshiya
北米スケジュール

more.....
[PR]

by hanabuk | 2006-09-29 21:11 | Dir en grey

这几天心定不下来...

好象明明没什么事,也没有什么事非催着我,但却怎么也放不下心来,好想总有事情在担心,要不做完不行,真的去想又好象没这样的事,周围的人情事物还是依旧,为什么我是这样呢,我到底在烦什么,我到底在忧心什么,为什么总也放不下呢,为什么不是和其他人一样呢.

10点半睡下,7点起床.我以为我已经补回前两天的疲乏..
可----身心还是在累,还是疲劳过度,没有休息好.

到底我在担心什么?
男人团要回来了,却突然开始怕有事情发生.他们去之前,是兴奋.他们要回来了,我却开始忐忑.做了一个多月的美国人,回来以后会不会觉得很奇怪呢,会不会开始对日本有短期的不适应症呢.而且最近更开始神经质地老觉得最后几天要发生什么事,觉得那边会有某种阻止他们回来的神奇力量会发生作用,临行前会有意想不到的插曲.
对于回来后的他们,我不做多想.他们想怎么改变就怎么改变,作为我,能选择的路只有一条,他们做什么造型我就看什么造型,他们唱什么我就听什么,他们想怎么样都好,好象多年来我已经习惯了接受.面对他们----只有接受.
在被动的位置,接受任何改变的他们,接受他们带来的惊喜,放弃思考进入他们营造的世界,对我来说----是种幸福.

こうして心配するわけはないですけど、いつもなんかあったらしいです
やっぱり、パァーっとしてほしいね

总归是有事要发生么..??!!
[PR]

by hanabuk | 2006-09-20 15:31 | my field

BGMが変わりました

酒井法子さんの[碧いうさぎ]にキメます.

能让我幻听到DIE和T爽朗笑语的一首歌.无论什么时候听到,都会"あぁ~~あぁ~~"忍不住感叹的歌呢,不知道现在远在海外的D君T君听到会是什么样的感想呢...
前回的[逢いびきの森]也是一样,每次听都会不自觉地去想TO听到那歌时的傻笑样,或者某人伴随着那歌的青春时光--->>乱七八糟的床,乱七八糟的漫画,乱七八糟的模型,乱七八糟的头发,还有..乱七八糟的T牙,<<---没理由却认为一定是这个样子的.
80年代的GIRL POP,有如海风般拂面袭来,一如60年代的爵士,总能带给人青春遥想..

※可惜,当年GIRL POP当家的森高千里姐姐,五只里没人提到过喜欢呢...|||野岛伸司高中大爱的森田童子,五只也没提到过..果然年代不同啊,同代人才比较有共同话题.抽※

看了关于[李香兰]的东西,突然很想看以前"满铁"的片子,有个叫<支那之夜>MS是爱情片,虽然号称内容是有辱中国人的,但无关信仰,单纯想看.一直很对当年满洲国的历史上心,可惜国内关于这方面的题材不多,每次看到日本关于这方面的题材,都觉得很神奇的..很想知道当年到底是什么样子的..对台湾那特殊的50年也是一样,不过明显关于台湾往事的题材作品要比满洲国的多点儿..|||上次也偶尔在图书馆看到关于日占朝鲜那几年的文学作品,激灵了一下..二等公民也还是被当公民对待的呀~~感慨..

一直对IBSS里RINTA君唱歌一幕印象深刻!!特地去把这首歌找了出来..突然想听!
※ RINTA也还是满有腔调的呢※ --->>[時の流れに身をまかせ]
f0027215_832281.jpg


歌詞付き
[PR]

by hanabuk | 2006-09-17 08:01 | 素材にかかわり

BOLG容量激增!!!30Mから、1Gにとどけて...

其实是一个多月前增长的.可是一直没注意到呢,刚猛一抬头才发现"怎么变1G了??!!"...我果然还是很迟钝啊,也许大家从一开始就是1G也说不定呢,就我一个人在那傻乐

KチャンにわざわざBGMとられてくるよ..超感动!!
一直对于自己做的东西很不屑一顾,陈词滥调得我自己都看着讨厌!!
每次也不能更新什么特别有意思的东西,版式也老是懒得换,说话腔调也老是那个样子..
但却被K亲特地要了BGM,一下子超感动啊,竟然还有想听这首歌特地来关照小地的人呢
一直觉得自己没做什么事情,BGM也换的不勤,更是目力范围有限地找来的BGM,
竟然能被人需要到,真是让我超意外的事啊!忒如前两周20几的日点击,让俺成惶成恐di
所以.
即使知晓不得,身边也一直有着关心你注意你的人存在吧..
即使是自己认为多没用的东西,也一定有珍惜的人存在吧..

新的一年又开始循环了,想要写什么好象又都提不起劲了..
又在从秋天走向冬天,仿佛一切值得写的东西,早已经在去年上演过一遍..

对这两部片子很好奇...
[PR]

by hanabuk | 2006-09-16 23:56 | つまらなぃのよ

再不更新,自己都看不下去了...

顺利地回到家了.
想要去剪个刘海,买买秋装,但到现在也没有动身..
衣服就穿了一套衣服回来,也懒得洗,估计有可能就这样星期一还穿回去..||
基本上学校衣橱里的那几件外套,都穿过没洗过..冬天的大衣还挂在那..||

接待新生,有钱美女暴多...
[150版何超仪],[气质女],[IIMIKI女],[土星水手样],[原宿系],[暴暴头]
还有一个"卷发妹"有代争议,我还没看清楚她脸过..校园里卷发妹越来越多了..
接近腰际的长卷发超羡慕,可惜偶没那么长的头发,目前也不想尝试,.
靠!竟然还看到个卷法妹,化红色ROCK系眼影的...> <||
不是说她技巧不好,只是和她服装实在不搭嘛,不过行外人能知道这种划法的也不容易了.
和KERA上介绍的手法如出一辙的效果...

ELOS3刚看完,果然每次看虐片都是搞笑片啊..第一段的那个床单象垃圾袋= =
NAGI铜子有怕痒的嫌疑,就看到他列着最在那挖笑,脚蹬得再起劲也骗不了人了..
SHO的关西话有进步?!觉得他在这部片子里讲话字正腔圆不少啊..(还是我CW的片子看多了,关西话听解能力提高了)..HIKARU3P的那段,不知道从哪里冒出来的新人,讲话对对着一边台词本讲的<<--就算临时准备,开机前几分种也要背背嘛,象完全没看过似的..
床上也放了本,我看到SHO无聊自X的时候,眼睛就看着那在默背台词...靠,真抓紧时间啊
再次觉得HIKARU是超级超级大近视..以上.<<--我本来想表扬他台词记得熟的,算了..
SN3P的时候不知道哪找来的民工!!但看着脸熟...><

AV16看头几个男人真是不能看啊,女人脸还被马赛克掉了,郁闷..
好不容易看到她点轮廓,难看死了!!!还是文身姐姐又可亲又可爱..= =凸..
不过从女王一段开始就一路路华丽下去了...
女老板和新入社员的设定粉中意呢,哈哈,觉得那男人长得有点陈冠希+吴彦祖..自抽!!
雪山里出现过的某男在里面留了胡子象中年大叔,还是扫马路的那种,操!!
最后的TEPPEI两场超灵..不愧是压轴的啊!!..TEPPEI君在里面哈可爱,身高优势也终于显示出来了,呵呵..看雪山的时候,就觉得他是讲话声音最好听的呢..果然如此!!
绝对是MAN型的人物,不看肤色完全是和SHO在一个级别上的!!
看他做料理我就想到GAZE的戒君..哎~~
[PR]

by hanabuk | 2006-09-15 19:48 | COAT WEST

我觉得KAZUMI说得有道理..

华丽丽的旗子下面放张中国人民解放军是不好...不想写日志,也不想发GV..
随便发张米国图,能一眼看出这是哪天哪场,并迅速说出地点的请举手..> <||
f0027215_19264170.jpg

[PR]

by hanabuk | 2006-09-03 19:27 | Dir en grey

铜子们,大风大雨中我回来了..

||全部隐藏掉||
这个星期回来根本就是做了强盗,神经质兮兮地到一开始是抢教官图,然后在抢LIVE图,又忙着处理GV,向阿咩大档换小档,补上8月的新片(ELOS3-1.47G,AV16),经TOKU提醒,再去抢MUCC和SADIE的8月新碟...仿佛匆匆忙忙中什么事情都没干成就又都要回校了

草绿色和焦黑色不适合我华丽丽的EX..||
[PR]

by hanabuk | 2006-09-01 21:20 | my field