カテゴリ:Dir en grey( 58 )

又是一个2.16、2.17.. 偶喜欢这个男人戴眼镜..

f0027215_5431198.jpg


他们现在都很帅啊..
[PR]

by hanabuk | 2008-02-14 05:44 | Dir en grey

新曲歌词...

Dozing Green

蟲喰う瞳に見せられ息閉じる
撫(な)で下ろした心がボロリ
清々(すがすが)しい太陽が
雨音(あまおと)ザラリグラリ混(ま)ざって

裂(さ)けた胸踊らせ空(むな)しさに問う
白い声 漏(も)れる息 In the Sun

淫(みだ)らに開(ひら)けた傷口(きずぐち)
無(な)と消え成る Dogmaの風
溶け出す君の心臓

薄暗(うすぐら)い朝、響くサヨナラ

裂けた胸踊らせ空しさに問う
ただ今は一人でいたい

一輪の春、涙もろい首と地(ち)を這う君さえも

Love Me

Abandon Hope

-----------------------------------------------------------------------------------

Hydra 666

泥(どろ)に漬(つ)けて洗いかざせ
俺を被(かぶ)るお前は神?

DEAD BORN
I will feel pity for you
666
All you have just a facade
Everyone laughs at you behind your back
Who looks at you?
666

首を廻し此処が自由?
明日も君はSIDじゃない

奴の胸にはアレがねぇんだ
誘惑(ゆうわく)に喰われたドコが屍(しかばね)?
よく見てみな傷だらけになった号外(ごうがい)だらけのマネキン
寝かしつける子守(こもり)唄は
聞こえない 聞こえない 聞こえない

肘(ひじ)を突いて張ってる姿なんだかとても芸術(げいじゅつ)だった
時どうりに忘れ去られる人身(じんしん)事故(じこ)にむけた菊(きく)の花束(はなたば)
眠れない 眠れない
罪深きはモナリザと…

DEAD BORN
I will feel pity for you
666
All you have just a facade
Everyone laughs at you behind your back
Who looks at you?
666

临近年关,才想起来今年是十周年...不抢钱对不起日本百姓..||
[PR]

by hanabuk | 2007-11-02 23:41 | Dir en grey

『瞌睡的绿色』.......我就不信来..|||

f0027215_445139.jpg


多好的小孩啊....我们都长大翻过大山了.....男人们还是很男人们啊....
[PR]

by hanabuk | 2007-09-12 18:19 | Dir en grey

世界太平静...我来更新下..

f0027215_16532777.jpg


脸都看不清楚的东西
[PR]

by hanabuk | 2007-09-04 16:56 | Dir en grey

难道是我截好了一直没贴过??!!!

某些人的LIVE表:
f0027215_4271163.jpg
过去的一个月:
f0027215_4372390.jpg

[PR]

by hanabuk | 2007-03-03 00:33 | Dir en grey

三日連賀!!

f0027215_141078.jpg


该谁吃谁吃..
[PR]

by hanabuk | 2007-02-18 00:00 | Dir en grey

我决定来翻译歌词了..||

版权所有® 仅供参考

The Marrow Of A Bone
一骨之髓

全13曲
[PR]

by hanabuk | 2007-02-17 00:24 | Dir en grey

我现在是日盲

BARKSの読者ならきっとすでにご存知の通り、現在、<TOUR 07 INWARD SCREAM>と題された全米ツアーのまっただなかにいるDir en grey。その公演初日を2月1日、フロリダ州フォートローダーデールで目撃した。

マリリン・マンソンの出身地としても知られるこの地は、ちょうど2月4日に決勝を控えていたマイアミにごく近いこともあって、まさにスーパーボウル一色といった状況。そんな時期に日本のバンドがライヴをやって観客が集まるのかといった懸念も一部関係者の間にはあったようだが、フタを開けてみれば場内はほぼ満員。会場となった地元の人気クラブ“レボリューション”の収容人員は約1000人。参考までに記しておくと、今後の同会場での公演スケジュールにはスレイヤー、キルスイッチ・エンゲイジ、ラム・オブ・ゴッド、ザ・ルーツといったところが含まれていたりもする。

ブリード・ザ・ドリーム、フェア・トゥ・ミッドランドという2組をオープニング・アクトに従えながら行なわれたこのライヴは、日本では2月7日、アメリカでは2月20日に発売されることになるニュー・アルバム『THE MARROW OF A BONE』の収録曲のひとつである「THE FATAL BELIEVER」で幕を開け、同作からの楽曲もふんだんに盛り込みながら、約80分間にわたって展開された。構成的には昨年11~12月の国内ツアーと共通項の多いものだっただけに、詳しい演奏内容については敢えてご報告するまでもないと思う。

が、当日のファンの熱狂ぶりについてはお伝えしておきたい。終演直後に会場のセキュリティに話を聞いたところ、「むさくるしい男ばかりが集まるライヴでモッシュが起こるのは見慣れているが、今日みたいな光景を見たのは初めてだ」とのこと。

また、場内でつかまえた24歳の男性メタル・ファン(スレイヤーのTシャツ着用)は「想像していた以上に良かった。Dir en greyが他のバンドと違うのは、ラウド&ヘヴィなだけじゃなくスタイルがあるところだ。正直、音が良くても見た目のカッコいいバンド、ライヴを“観る”価値のあるバンドはそんなにも多くないが、彼らのライヴは観る意味がある」と語り、ちょっとゴスっぽいメイクをした19歳の少女は「去年の<THE FAMILY VALUES TOUR>でも観たけど、初めてフル・サイズのライヴを観ることができてうれしかった。彼らの音楽のメランコリックでエモーショナルなところが好き。歌詞については完全には理解できないけど人間的なメッセージが込められているのが想像できる」とコメントしてくれた。

また、ライヴそのものが興行的に大成功だったことは、会場のオーナーが終演直後に楽屋を訪れ、5人に「まず第一にこのツアーの成功を祈っている。そして第二に、君たちがまたこの会場のステージを踏んでくれることを願っている!」と興奮気味にエールを贈ったことにも象徴されていた。

そしてそれから24時間後、同じフロリダ州のオーランドにある“ハウス・オブ・ブルーズ”で行なわれた2本目のライヴは、当初設定されていた会場キャパシティを上回る動員となり、メンバーたち自身も前日を上回るテンションのパフォーマンスを披露した。そして続く3ヶ所目の公演地、ジョージア州アトランタでは、あらかじめチケットが完売という活況。このツアーは2月25日のサンフランシスコ、“フィルモア”での追加公演まで続くことになるが、そのなかで『THE MARROW OF A BONE』という作品自体が早くも進化のプロセスを歩み始めることになるのは間違いないだろう。そうした成果が巨大なスケール感のなかで提示されることになる3月10日、幕張メッセ・イベントホールでの帰国後第一弾公演が今から楽しみなところだ。

さて、僕自身はツアーの冒頭2公演を観戦したところで一行を離れて帰国したが、今後の全米ツアーの動向、現地での反応といったものについては、また新しい事実が届き次第お伝えしたい。

取材・文●増田勇一       2007-02-05 バークス
[PR]

by hanabuk | 2007-02-06 02:26 | Dir en grey

我果然是要碰到某些事才能复活啊~~~

尾戒二人组
f0027215_21481125.jpg
f0027215_21483322.jpg

连帽衫二人组
f0027215_21522259.jpg
f0027215_21524051.jpg

皮草二人组
f0027215_2155534.jpg
f0027215_21583080.jpg

******************
※重点推荐※
日本今春之流行大热"RIDER装"--->>参详"京殿"
f0027215_2203986.jpg

[PR]

by hanabuk | 2007-02-05 21:55 | Dir en grey

懶人慶生。。。

f0027215_426761.jpg

[PR]

by hanabuk | 2006-12-20 00:24 | Dir en grey